北海道黒松内町総合移住対策事業



お試し移住体験ハウス

黒松内町移住相談窓口ホームページに戻る
お試し移住体験ハウスとは

 黒松内町への移住を希望される方に、一定期間の生活体験ができる場を御提供するために、市街地にお試し移住体験ハウスを整備しました。
 お試し移住体験ハウスは、短期型、長期型の2種類があり、週単位で御利用いただけます。  
また、家具、電化製品、寝具などを完備しておりますので、着の身着のままで黒松内町での移住生活を体験していただくことができます。(食事の材料、指定ゴミ袋、洗面・入浴具、タオル、洗剤、メモ用紙等消耗品は御用意願います。つめ切り、耳かき等もありません。現在のところ、ペットと一緒の御利用は承っていませんので、御了承願います。
 御利用方法については、「御利用の手順」を御覧ください。
※ 平成21年10月以降、使用方法及び料金を変更予定ですので、予約の際の詳細は、下段のお問い合わせ先まで御連絡くださ
  い。

 【参考】■黒松内町お試し移住体験ハウス要綱(PDF)

※利用された方には、アンケートの回答をお願いしています。

短期型

〒048−0101 北海道寿都郡黒松内町字黒松内306番地11 >>地図
利用料金
夏期(5月〜10月)料金 17,000円/1週間
冬期(11月〜4月)料金 23,000円/1週間
使用期間に夏期と冬期にまたがる週がある場合は、当該週の使用料は夏期料金となります。
料金には、電気料、燃料、水道料を含みます。電話はありませんので御注意ください。
インターネットは、黒松内町ふれあいの森情報館マナヴェールで御利用いただけます(無料)。
※最長2週間までの御利用となります。

■内装(画像をクリックすると大きい画像で御覧いただけます。)


居間

寝室

ダイニング

ドレッサー

■御利用いただいた方の感想をこちらから御覧いただけます。

長期型

〒048−0101 北海道寿都郡黒松内町字黒松内317番地14 >>地図
利用料金
夏期(5月〜10月)料金 12,000円/1週間
冬期(11月〜4月)料金 18,000円/1週間
使用期間に夏期と冬期にまたがる週がある場合は、当該週の使用料は夏期料金となります。
料金には、電気料、燃料、水道料を含みます。電話はありませんので御注意ください。
インターネットは、黒松内町ふれあいの森情報館マナヴェールで御利用いただけます(無料)。
※1、2週間の御利用を希望される際、短期型が開いている場合は、短期型を御利用いただくことになります。
※最長3ヶ月までの御利用となります。


■内装(画像をクリックすると大きい画像で御覧いただけます。)


台所

居間

寝室

浴室

御利用の手順

※ 平成21年10月以降、使用方法及び料金を変更予定ですので、予約の際の詳細は、下段のお問い合わせ先まで御連絡くださ
  い。

@移住担当窓口に予約
【担当窓口:町企画調整課 TEL 0136-72-3376】
お試し移住体験ハウスの空き状況はこちらで御確認ください ■お試し移住体験ハウス予約状況
御予約は1週間単位となります。
使用期間の延長については、当初申請時の2分の1の範囲を超えない限度において、1週間単位で延長使用できます。
ただし、使用期限のうしろに予約が入っていない場合のみとなります。また、再延長はできませんので御注意ください。
   
Aお試し移住体験ハウス使用申請書の提出
お試し移住体験ハウス使用申請書に必要事項を記入、押印の上、町企画調整課まで郵送してください。
【郵送先 〒048−0192 北海道寿都郡黒松内町字黒松内302番地1 黒松内町企画調整課 移住担当窓口 宛】
申請書はこちらからダウンロードしていただけます。Word版、PDF版の2種類あります。
■お試し移住体験ハウス使用申請書wordWord版 )( PDF版
   
B黒松内町長による使用許可証の交付
   
C使用料の前納
使用許可証の交付後、使用料を前納していただきます。
使用料の還付については、町長が特に認めた場合のみ全部又は一部を還付します。
   
D鍵の受取
使用料を納めた後、鍵をお渡ししますので、町企画調整課までお越しください。
E鍵の返却
使用期間が満了したら、町企画調整課まで返却してください。

注意事項

■使用者の遵守事項
@使用者は使用料を納めた後に、黒松内町長から当該施設の鍵を受取、留守や就寝時に施錠するなど善良に管理すること。この場合において、鍵を紛失したときは、速やかに町長にその旨を報告しなければならない。
A使用者は、火気の取扱に注意し、水道の凍結を防止するとともに、備付けの備品、什器類を適切に取り扱うこと。
B使用者は、施設の周りの除草や除雪を必要に応じて行い、施設を適正に管理するとともに、住環境の整備をすること。
Cごみは、決められたルールに従い排出すること。
使用者は、施設の使用期間が満了したときは、直ちに町長に当該施設の鍵を返却し、施設を原状に復すこと。
Dその他、施設の使用に関し必用な事項。
■使用者の禁止事項
@物品の販売、寄附の要請その他これに類する行為をすること。
A興行を行うこと。
B展示会、その他これに類する催しをすること。
C文書、図書、その他の印刷物を貼付又は配布すること。
D宗教の普及、勧誘、儀式、その他これに類する行為をすること。
E近所の住民に迷惑を及ぼす行為をすること。
F施設の全部又は一部を転貸し、又はその使用の権利を譲渡すること。
Gその他施設の使用にふさわしくない行為。
■損害賠償
@使用者は、故意又は過失により施設若しくは設備又は備品等を破損若しくは汚損又は滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。ただし、止むを得ない事情により町長が特に認めた場合はこの限りでない。
A前項前段の規定による施設若しくは設備又は備品等を破損若しくは汚損又は滅失したときは、直ちに黒松内町お試し移住体験ハウス破損(汚損、滅失)届(別記様式第5号)により町長に報告しなければならない。

お問い合わせ先

黒松内町企画調整課(担当:小畠)
〒048−0192 北海道寿都郡黒松内町字黒松内302番地1
TEL 0136−72−3376【ダイヤルイン】 FAX 0136−72−3316

Copyright (C)北海道黒松内町. All rights reserved.