北海道黒松内町総合移住対策事業



お試し移住体験ハウス使用者の感想

黒松内町移住相談窓口ホームページに戻る

  お試し移住体験ハウスを御使用された方の中から、本サイトへの掲載を了解してくださった方の感想を御紹介しています。
  お試し移住体験ハウスの御使用を検討する際の参考にしてください。
  感想は、御使用後1年以内のものを掲載しています。
   感想の中で御要望のありましたものは、改善できるものは改善し、御使用される皆様に御満足いただける施設にしていきます。


K様(和風型)

  これまでに北海道には観光などで数回訪れたことがあります。
  昨年の道央の町でのちょっと暮らし体験を経て、今回はインターネットや知人からの情報で知った黒松内町の施設を選びました。
  また、ホームページの充実度、施設の新しさも決め手となって、移住候補地を探すために利用しました。
  滞在期間中は、歌才ブナ林や添別ブナ林をスノーシューで散策し、歌才自然の家のランチや道の駅のパン、ピザを味わいました。
  ブナ里交流町内ネットワークの忘年会、御近所の先輩移住者に招待された餅つきや新年会など大勢の方々と交流もできました。
  町内の酒屋、鮮魚店、和菓子店などでの買い物の際に、親切に対応してもらいました。
  ちょっと暮らし施設は、新築で開放的な間取り、家具・電化製品も十分な品揃えで、気持ちよく生活することができ、断熱機能の整った住宅なら北国の寒さや雪も心配ないことを理解できました。
  その反面、暖房設備の燃焼音や全室暖房などに慣れていないため気になりました。(寝室の引き戸は居間の灯りを遮断できる作りの方が良い)
  今回のちょっと暮らしで、この地の自然のすばらしさと田舎の不便さ、冬の暮らしの面白さと不便さを体験できました、今度はほかの季節の暮らしも体験してみたいと思います。

▲このページのトップに戻る

K様(短期型)

  これまでに北海道には観光で6回ほど訪れたことがあります。
  ちょっと暮らしは、新得町で体験があり、黒松内町には以前観光で訪れていたことがあったことから、シーズンステイを兼ねた移住候補地探しのため今回滞在先として選びました。
  黒松内町のちょっと暮らしの情報は、インターネットで入手し、地元のワンストップ窓口に申し込みました。
  滞在期間中は、自家用車で移動し、余市町に訪問しました。
  今回のちょっと暮らしで、地域の生活の様子、気候、風土、交通手段、公共施設などの情報を得ました。
  黒松内温泉ぶなの森の和風浴室の露天風呂を大変気に入りました。
  またAコープスーパーで購入した飯寿しが大変美味!
  今度は夏の状況を確認するためのちょっと暮らしをしてみたいと思います。

▲このページのトップに戻る

Y様(長期型)

  これまでに北海道には観光で5回ほど訪れたことがあります。
  ちょっと暮らしは、日高圏の町で体験がありますが、今回黒松内町の施設を選んだ理由は、3年前観光で当地を訪れ、偶然参加したフットパスイベントで前町長にお試し移住体験ハウスがあることを教えていただいたからです。
  施設の使用の目的は、シーズンステイで、地元のワンストップ窓口に申し込みました。
  滞在期間中は、自家用車で移動し、海を渡り奥尻島、岩見沢市、支笏湖、函館市、積丹方面も訪問しました。
  ちょっと暮らし施設は、カーテンの生地が薄く朝日が差し早く目が覚めることと、パソコンの通信環境について改善してほしいと思います。  
  施設の使用料がもっと安いとなおよし。
  町内で利用したお店や施設の感想は、トワ・ヴェールの製品ハム・ソーセージとメニューのチーズフォンデュが美味、マナヴェール(図書館)も満足、Aコープスーパーは地のものが少なく残念、マザーネイチャーのパンはおいしい、我つまは帰りに寄ります。
  北海道への移住は、冬の生活、家族のことを考えると・・・・・
  安価なシーズンステイ用の住宅がもっとあるとうれしい!

▲このページのトップに戻る

Y様・K様(洋風型)

  これまでに北海道には観光で10回ほど訪れたことがあり、ちょっと暮らしの体験は道央圏や十勝圏のほかの町でもありますが、黒松内町は以前も使用してよかったので2回目の使用です。
  ちょっと暮らし施設の使用の目的は、シーズンステイで、町のワンストップ窓口に申し込みました。
  3ヶ月の滞在期間中は、自家用車で、登別市・函館市などのほかに、遠くは釧路市、海を越えて奥尻島まで足を伸ばしました。
  町内では、市街地のスーパーマーケットや商店で買い物の際、黒松内温泉での休憩の際に、地元の方々とお話しする機会がありました。
  また、「ブナ里交流町内ネットワーク」の交流会で先輩移住者や地元の農家の方々と面識ができ、ブナ里医療健康まつりなどの催しにも参加しましたが、帰る間際に参加したグリーンツーリズムの体験イベントでのチーズづくりが印象に残っています。
  今回のちょっと暮らしでは、施設の近所の方々から食品の差し入れをいただき、地元のこともいろいろと教えてもらいました。
  食べ物は、黒松内町は海も近く、ホタテ貝・白貝・ホッケ・イカなどの魚介類が最高でした。
  「ちょっと暮らし」は、市町村窓口の対応、事前の情報提供、滞在地の暮らしやすさ、生活体験の充実度はとても満足で、施設の料金がもう少し安価だと理想的と思います。
  施設自体は、新築なのでとても快適でしたが、木製サッシの乾燥が十分でなく収まりが悪かったこと、春先や秋口の肌寒い時期には、全室暖房の床暖住宅のため、少しだけ暖める電気ストーブなどがあると親切です。
  でも、夏になるととても暑くて、クーラーがあるといいなとも思いました。
  オール電化住宅は、大変よかったけれど、魚がこんがり焼けず、外で使える小さなコンロがあると便利。
   町の移住担当者からは、庭の野菜づくりを教わり、たくさんの収穫もあっておいしくいただきました。
  北海道移住では、冬の寒さに耐える自信がありませんが、ほかの市町村でもちょっと暮らし体験をしてみたいと思っています。
  今年は少し暑かったけど、夏の北海道は涼しくて大変暮らしやすいです。

▲このページのトップに戻る

S様(短期型)

  ちょっと暮らしの体験は、黒松内町以外にもありますが、黒松内町は2回目です。
  ちょっと暮らし施設の使用の目的は、二地域居住地探しを兼ねたシーズンステイです。
  施設の使用に当たっては、地元ワンストップ窓口に申し込みしました。
  今回のちょっと暮らしでは、医療など公共施設の情報、地域の風土などの情報を得ることができました。
  黒松内町での「ちょっと暮らし」は、市町村窓口の対応、事前の情報提供、施設の料金、施設の環境など総合的に見て満足と思えるレベルです。  
  もっと黒松内町を含めた近隣地域のちょっと暮らしを体験して町を知りたいと思います。       

▲このページのトップに戻る

I様(短期型)

  北海道には観光で過去に数回訪れたことがありますが、ちょっと暮らしの体験は今回が初めてです。
  ちょっと暮らし施設の使用の目的は、観光と二地域居住候補地探しを兼ねた長期滞在で、黒松内町を選んだ理由は、インターネットで検索して料金面など施設が気に入ったからです。
  施設の使用に当たっては、地元ワンストップ窓口に申し込みしました。
  滞在期間中は、自家用車で近くはニセコ町・小樽市・札幌市、遠くは帯広市・釧路湿原まで足を伸ばしました。
  町内では、温泉を使用しました。
  ちょっと暮らし施設は、総じて不満な点はありません、我が家にいるように落ち着きました。
  またシーズンステイを楽しみたいと思います。     

▲このページのトップに戻る

I様(長期型)

  これまでに北海道には仕事や観光で数回訪れたことがあり、ちょっと暮らしも胆振・日高・十勝・オホーツク地域で体験したことがあります。
  ちょっと暮らしは、北海道暮らしフェアで知りシーズンステイに使用しています。
  黒松内町を選んだ理由は、道内各地での生活体験をしてみたかったからです。
  滞在期間中は、自家用車で、函館まで足を伸ばしました。
  町内では、職員の対応がよくパソコンも利用できるマナヴェール(図書館)、新鮮な野菜を買えピザも食べられる道の駅、その他職員の対応がよかったブナセンター、歌才自然の家、黒松内温泉ぶなの森を利用しました。
  お試し移住体験ハウスは、建物の古さは否定できませんが、水周り設備や電化製品は充実していました。
  イベントや川原の散歩で地元の方々とお話して、移住を好意的に考えている方が多く、とても親切と感じました。
  移住は、冬の生活が心配ですが、また訪れて紅葉の時期にブナ林や森林公園の散策を楽しみたいと思います。

▲このページのトップに戻る

O様(短期型)

  これまで北海道には観光や仕事で数回訪れたことがあり、黒松内町でのちょっと暮らしの体験は今回が2回目です。
  ちょっと暮らし施設の使用の目的はシーズンステイで、黒松内町の施設は、北海道移住促進協議会のホームページや北海道暮らしフェアなどで知り、最初の使用で生活設備が充実しているので気に入り、再使用しました。
  町内では、市街地のスーパーマーケットや商店で買い物をし、道の駅のピザを味わいました。
  今回のちょっと暮らしでは、地域の生活の様子、地元の方々の人柄などの情報を得ることができました。
  「ちょっと暮らし」は、市町村窓口の対応、事前の情報提供、施設の料金、施設の環境を含め総合的に見てもとても満足できました。  
  ほかの町の施設に比べ料金も安く設備も充実しているので、また使用したいと思います。
  今度は、温泉、町内巡り、食品加工体験などに加えて、地元の方々とのコミュニケーションを深めることにも挑戦してみたいと思います。
  昨年と比べ、室内の壁がリフォームされたこと、ベッドが設置されたことなども満足です。
  町内を散策中に、小学生から大人まで気軽に声を掛けてくださり、とても気持ちのよい町との印象を受けました。       

▲このページのトップに戻る

I様(和風型)

  これまでに北海道には観光で6回訪れたことがあり、ちょっと暮らしも夕張市や当別町で体験があります。
  今回のちょっと暮らしの目的は、シーズンステイで、新しい一戸建ての施設が閑静で森に囲まれた町にあるとラジオやインタネットで知り使用しました。
  滞在期間中は、自家用車で江差町や松前町に、JRで函館や小樽に足を伸ばしました。
  レンタカーで移動し、積丹町・札幌市・函館市・遠くは旭川市まで出掛けました。
  ちょっと暮らし施設は、新築なこともありますが、間取り・広さ・設備・家具・電化製品すべての面で及第点ですが、扇風機を各部屋にほしいことと、大きな道路に近いため、就寝の際に窓を開けると騒音が気になりました。
  また、ブラインドの生地が薄いため、早朝部屋が明るくなり早起きになりました。
  お試し移住体験ハウスには、花壇にきれいな花が、畑には野菜が植えてあり、トマトやインゲンなどをたくさんいただきました。
  とうもろこしと枝豆の収穫には時期が早く残念でした。
  町内で利用した施設の印象は、道の駅のピザが生地もしっかりして地元のハムやソーセージも使いおいしかったけど、混んでいて30分以上待たされたのが少し残念。
  トワ・ヴェールのチーズフォンデュは、自然な素材を十分に活かしてこれまたおいしかった。
  歌才自然の家のレストランのイカ墨冷麺は、腰があり麺も具も豊富!
  パークゴルフは手軽に格安でプレーできて満足でした。
  黒松内温泉ぶなの森は、アルカリ性で肌がすべすべし、露天風呂も気持ちよかった。
  早朝ラジオ体操に参加して知り合った方々と、教育委員会からブームのノルディックウォーキングのポールを借りて一緒に楽しみました。
  図書館やパークゴルフ場で出会った人々もとても親切で、森林浴できる森が多く、充分に涼しい夏をエンジョイできましたので、また北海道でちょっと暮らしを体験してみたいと思います。
  移住は冬の生活などハードルが高いですが、シーズンステイの魅力はもっとPRしてもよいのではと思います。     

▲このページのトップに戻る

K様(短期型)

  北海道にはこれまで観光で6〜7回訪れたことがありますが、ちょっと暮らしの体験は今回が初めてです。
  今回のちょっと暮らしの目的は、観光と避暑を兼ねたシーズンステイのためです。
  ちょっと暮らしに黒松内町を選んだのは、新聞のラジオ欄でちょっと暮らしの記事が掲載されていて、インターネットで調べて見つけたからです。 
  ちょっと暮らし期間中は、日帰りで洞爺湖に出かけましたが、帰る前に函館に一泊する予定です。
  地元では、銘水の水汲み場、道の駅、和菓子すずやさん、温泉に出かけました。
  中でも、ブナセンターの手回しオルガンは、大満足でした。
  羊蹄山の噴出し湧水を汲みに行こうと思っていましたが、近くに銘水の水汲み場があったので、毎日汲みにいっていました。
  ちょっと暮らし施設は、室内の段差が多いことが気になりましたが、街中なのに静かで、本当の自分の家のように過ごせました。
  フットパス寺の沢川コースを歩いて、歌才自然の家のレストランまでいったのですが、行きは道に迷い、帰りは無事正しい道で到着しました。
  町内の施設やお店を巡るスタンプラリーで、温泉を割引してもらいました。
  お盆の忙しい時期にゆっくりさせていただきどうもありがとうございました。  

▲このページのトップに戻る

M様(長期型)

  北海道には観光などで20回ほど訪れたことがあり、ちょっと暮らしはこれまでにも道東や胆振管内で体験し、黒松内町の施設については昨年短期型を使用しました。
  ちょっと暮らし施設は、北海道暮らしフェアで知り、使用の目的は移住候補地探しですが、黒松内町の施設は昨年使用した感じがよかったので2度目の使用です。
  滞在期間中は、自家用車で近隣町村を回り、小樽市・赤井川村・登別市・白老町・余市町・八雲町に足を延ばしました。
  北海道への移住を検討していますので、町をもっとよく知るため、さらに暮らし体験して地域の方々とコミュニケーションする機会を増やし、検討していきたいと思います。   

▲このページのトップに戻る

T様(短期型)

  これまでに北海道へは観光で2回訪れたことがあります。
  今回は観光を兼ねたシーズンステイで、深川市で一ヶ月間ちょっと暮らしを体験をした後の使用です。
  昨年のもうひとつのふるさと探しフェアの会場で、町の移住担当者に勧められ、早い時期から予約できたことが、黒松内町のちょっと暮らし施設を使用することの一番大きな理由です。
  町内では、ハイキングやトレッキングコースを散策し、地元の方ともあいさつを交わしました。
  道の駅のピザ、野菜産直コーナーは、値段とボリュームのバランスがよく満足ですが、町内の食料品店はスーパーも含め品数が少なく値段が高く残念です。
  お隣からトマトやキュウリのおすそ分けがあり、漬物にしてお返ししました。
  観光ポイントの情報がもっとあるとよかったですが、洞爺湖や羊蹄山、近くでは寿都漁港や弁慶岬まで出かけました。
  今後は、北海道での釣りやゴルフを体験し、地域の方々とコミュニケーションを深めたいです。
  次のちょっと暮らしは、北海道を一周するくらいいろいろなところへ行ってみたい、知床・稚内市・根室市・釧路市など最果ての地に興味があります。
  黒松内町のあとは、小樽市での体験をします。
  ワンストップ窓口に納まらない更にその上の一括した情報が得られるといいです。
  ちょっと暮らし体験は、2週間では町の様子も人のよさも十分に分かりませんので、一月は滞在したいと思いました。   

▲このページのトップに戻る

N様(長期型)

  これまでにも北海道には観光で30回以上訪れたことがありありますが、ちょっと暮らし施設の使用も、黒松内町訪問も初めてです。
  ちょっと暮らし施設は、インターネットで情報を入手し、町の自然環境、地理的条件、料金や使い勝手の面から判断し、申し込みました。
  ちょっと暮らし施設の使用の目的は、シーズンステイです。
  今回ちょっと暮らしで、地域の生活・気候・人柄・風土などの情報を得ることができました。
  歌才自然の家で珍しいイカ墨ラーメンを食べたこと、泉質のいい温泉、整備されて料金の格安なパークゴルフ場などが印象に残っています。
  「ブナ里交流町内ネットワーク」の交流会に参加して、地域の方々、ほかの施設でちょっと暮らしを体験されている方々と知り合うきっかけとなり、その後も随所で交流や情報交換できました。
  実際の生活体験では、町内で食料調達が十分できないこと、使用した施設が古かったことなど、やや不満な点がありました。
  それと、インターネットを使用できる設備がほしいですね。
  今度は、農業体験、温泉巡り、カヌー、そしてもっと地元の方々とコミュニケーションを深めることをしてみたいと思います。
  なんといっても北海道は夏のすごしやすさが最高ですが、移住となると冬の生活が不安です。   

▲このページのトップに戻る

S様(和風型)

  これまでにも北海道には観光やビジネスなどで10回ほど訪れたことがあります。
  ちょっと暮らし施設の使用は別の場所でもあります。
  今回のちょっと暮らし施設の使用目的はシーズンステイで、北海道暮らしフェアで町の移住担当者に勧められたことと、今年建ったばかりの新築だったことから使用しました。
  町内では、温泉やパークゴルフを楽しみましたが、もっと地元の方々との交流や生活の様子が分かるような場面があるとよかった。
  道の駅のパンや我つまの新鮮な野菜中心の料理は、おいしく満足でした。
  パークゴルフで知り合った方に地の食材を親切に分けてもらいました。
  滞在中に開催された「ブナ里交流町内ネットワーク」の交流会で、先輩移住者や町内の人と話ができ、いろいろ参考になりました。   

▲このページのトップに戻る

I様(短期型)

  北海道には、観光で3回訪れたことがありあります。
  ちょっと暮らし施設の使用は、今回が初めてで、使用の目的は、二地域居住地探しのためです。
  ちょっと暮らしはインターネットで知り、1週間単位で使用できるため黒松内町を選びました。
  また、ちょっと暮らしに当たっては、北海道移住促進協議会事務局にも問い合わせしました。
  ちょっと暮らし施設は、制約がなく自由に使用できたこと、備品が揃っていたことがよい面で、ネット環境があればもっとよかった。
  買い物が不自由な点、期間が短く十分に体験できなかったことが残念。
  実際の移住を考えると、スーパーなどの生活関連施設や通信環境の充実度、そして冬の生活が課題になります。
  玄関・トイレ・お風呂がバリアフリーとしては不十分です。
  滞在期間中町外は、ニセコ町・寿都町・島牧村・岩内町に車で出かけ、町内では、道の駅、ブナセンター、Aコープ、和菓子すずやなどを利用しました。
  もっといろいろな地域のお試し住宅を体験してみたいと思うようになりました。   

▲このページのトップに戻る

T様(長期型)

  北海道には、旅行や登山で5回訪れたことがありあります。
  黒松内町のちょっと暮らし施設は、北海道移住促進協議会や町の移住相談窓口のインターネットサイトで知りました。
  そして、設備の充実度、妥当な料金、ホームページの情報の充実度、地理的条件などから実際に使用しました。
  ちょっと暮らしに当たっては、不便はないか不安でしたが、家具や電化製品などほとんどが揃っていて不便を感じませんでした。
  この長期型の施設は、洗面所がないこと、雨戸がないので明け方部屋が明るくなってしまうことが不便でした。
  滞在期間中は、松前まで花見に、小樽や札幌に登山・キャンプ・イベント参加などドライブしました。
  町内では、温泉の露天風呂、道の駅のフランスパン、歌才自然の家のコロッケや焼肉などのランチなどが気に入りました。
  また、パークゴルフやフットパスなど屋外の体験も楽しみました。
  ブナセンター主催のブナ林散策に参加したとき、センター職員や数名の町民の方がとても親切で、やさしい人柄が分かりました。
  移住担当者に町内を案内してもらい、先輩移住者の日ごろの暮らしぶりに触れることができました。
  移住体験は今回が初めてなので、他の町でも体験してみたいです。  

▲このページのトップに戻る

H様(短期型) 

  北海道には、5回ほど訪れたことがあります。 
  黒松内町のちょっと暮らし施設の使用は目的は、移住候補地探しです。
  この施設は、インターネットで知り、週単位での使用が可能だったから使用しました。
  施設は、家具・電化製品等の生活備品が揃っていてありがたかった。
  滞在期間中は車で別の地域にも出かけました。
  移住担当者には、先輩移住者宅や町内の住宅の状況を案内してもらいました。
  今回のちょっと暮らしで、地域の生活・気候・人柄・公共施設の情報などを得ることができました。
  黒松内町内では、湯加減のいい温泉、飲食店を利用しました。
  冬も体験してみて、来年を目処に、道内にUターンしたいと思います。

▲このページのトップに戻る

Copyright (C)北海道黒松内町. All rights reserved.