広報くろまつない  ■トップページに戻る

  平成20年度施策のあらまし



黒松内町長 谷 口  徹

 町民の皆様には、日ごろから町政に格別なる御協力を賜り、厚くお礼申し上げます。
 この度、今年度本町が実施する主要施策を、分かりやすくお知らせするために、本誌「平成20年度版・施策のあらまし」を作成しました。
国の改革は、所得格差を生み、地域間格差を拡大させ、北海道開発予算を縮減し、公共事業を悪者扱いして、いまだ基盤整備の整わない北海道の経済を、大きく疲弊させました。
 更に、これに追い討ちをかけるように、サブプライムローン問題による世界経済の減速、原油高、円高、株安が、ガソリンや食品の値上げを招き、国の名ばかりの再チャレンジ策に効果はなく、私たちの生活はこれまでにない窮状の状態にあります。
この厳しさは、本町の財政運営にとりましても同じであります。
 今年は、環境をテーマにした北海道洞爺湖サミットが開催される年でもあることから、大きな建設事業は一休みし、都市と農村の交流を更に推進するため、北海道遺産に選定された北限のブナ林やフットパスを生かした、ソフト面での取組みを充実させる展開を計画しています。
 しかし、私は、このような状況下にありましても、限られた財源をもって、多様化していく住民ニーズに対応した特色あるまちづくりを推進するには、今何が必要で、優先度はどうなのかを見極め、攻めるべきものは勇気を持って攻め、守るべきものはしっかりと守ることを信念に、新たな行政改革大綱を定め、町民の皆様が「黒松内町に生まれて、住んで良かった」という実感を得られる郷土の実現のため、本「施策のあらまし」でお知らせするまちづくりに、なお一層務めてまいります。
 昨年度贈られた、地方自治法施行60周年記念総務大臣表彰や第2回山村力(やまじから)コンクール審査委員会長賞は、これまでの本町のまちづくりが本物であると勇気付けてくれました。
 町民の皆様におかれましても、本誌を御一読の上、町政への御理解、御支援、御意見をくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

 「平成20年度版施策のあらまし」

 PDF形式:25.1MB


施策のあらまし」をPDFファイルで掲載しています。PDFファイルのため、表示に時間がかかる場合があります。ご了承ください。
ご覧になるにはAdobe Acrobat Reader(5.0以上)が必要です。お持ちでない方はダウンロードしてください。



PDFファイルをダウンロードしてご覧頂く場合
PDFのファイル名にマウスを合わせます。
Windowsの場合は右クリックしてファイルに保存(IE)または「リンクを名前をつけて保存」(NC)を 選択します。
Macintoshの場合は、マウスボタンを押したままにし、表示されたメニューから「リンクをディスクにダウンロード」(IE)または「リンクを別名で保存」(NC)を選択 します。
  掲 載 内 容
 目次  1p  黒松内町みんなで歩むまちづくり条例  2p
  ブナ北限の里づくり構想概念図  5p  町政執行方針  6p〜13p
  教育行政執行方針  14p〜19p   平成19年度予算の概要  20p〜22p

   施策目次  23p

 重点施策 24p〜37P
  ・ブナ北限の里総合移住対策事業
  ・農林水産施策の展開
  ・保健・福祉の推進
  ・総合的教育力の充実
  ・環境保全活動の取り組み
  ・ブナ北限の里優良景観創造事業
  ・黒松内市街地にぎわい創造事業
 第1章 田舎(まち)を育む人づくり 
  38p〜43p 
 第2章 人にやさしい田舎(まち)づくり 
  44p〜48p
 第3章 自然にやさしい環境づくり 
  49p〜53p
 第4章 自然にやさしい産業づくり 
  54p〜59p
 第5章 みんなで歩む田舎(まち)づくり 
  60p
 資料編  61p〜69p

  ・平成17年度決算報告、賃借対照表
  ・黒松内町国民保護計画(仮称)
  ・町職員の給与・職員数のあらまし
  ・フットパスマップ

過去の「施策のあらまし」はこちらから御覧いただけます。

平成19年度版
平成18年度版