広報くろまつない  ■トップページに戻る

  平成22年度施策のあらまし



黒松内町長 若 見 雅 明

町民の皆さんには、日ごろから町政に格別なる御協力を賜り、厚くお礼申し上げます。
平成22年度は、国及び道において政策やその決定システム等が大きく様変わりする年となります。
高校授業料の実質無償化、中学卒業まで支給される子ども手当、農家の戸別所得補償といった新たな制度が始まり、道においては14支庁体制から九つの「総合振興局」と五つの「振興局」になり、道州制・地域主権に向けた一歩が踏み出されました。
本町では、「自然にやさしく・人にやすらぎの田舎(まち)みんなで歩むブナ北限の里づくり」をシンボルテーマとする10年間の第3次総合計画がいよいよスタートする年になります。
私は、「暮らしを守り、自然にやさしく、夢と笑顔あふれる田舎(まち)づくり」をまちづくりの基本目標とし、この目標を達成するため掲げる次の五つの重点政策は、いずれも新総合計画に色濃く反映されています。
1 自然にやさしく持続可能な産業づくり。
2 未来を拓(ひら)き、豊かな心の人づくり。
3 だれもが安心して暮らせる田舎(まち)づくり。
4 自然にやさしく、美しい田舎(まち)並づくり。
5 みんなで歩む協働の田舎(まち)づくり。
町政を担当して2年目に当たる本年は、これら五つの重点政策から、今後最優先に取組んでいく施策を8本の戦略プロジェクトにまとめ、可能なものから速やかに取組むこととしました。
農業関連予算は、約30%増額して資金貸付や牧場利用料補填など経営基盤の安定に加え放牧酪農など新たな農業へのチャレンジに配分します。
グリーンツーリズムの推進や産業遺産の活用による交流移住施策の充実、地区集落支援員の配置や若者低家賃住宅建築による集落再生、里地里山再生や生物多様性戦略着手による環境共生の取組の充実、子育て支援の強化、福祉・医療・介護の連携強化、安全安心なまちづくりと地域力の強化に取組みます。
小誌「平成22年度版・施策のあらまし」は、お約束しました公約に基づいて今年度本町が実施する主要施策を、分かりやすくお知らせするため作成したものです。
町民の皆さんにおかれましても、是非御一読の上、町政への御理解、御支援、御意見をくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

 「平成22年度版施策のあらまし」

 PDF形式:11.6MB




施策のあらまし」をPFDファイルで掲載しています。PDFファイルのため、表示に時間がかかる場合があります。ご了承ください。
ご覧になるにはAdobe Acrobat Reader(5.0以上)が必要です。お持ちでない方はダウンロードしてください。

  掲 載 内 容

目次

P1

黒松内町みんなで歩むまちづくり条例

P2〜P3

ブナ北限の里づくり構想概念図

P4〜P5

町政執行方針

P6〜P17

教育行政執行方針

P18〜P21

平成21年度予算の概要

P22〜P24

施策目次

P25

P26〜P43
○ブナ北限の里への移住促進
○ブナ北限の里でのんびり交流
○ブナ北限の里農業チェンジ
○ブナのある里山づくり
○ブナ北限の里新しい産業づくり
○ブナ北限の里美しい田舎(まち)づくり
○だれもが元気な田舎(まち)づくり
○ブナっこの笑顔輝く田舎(まち)づくり
○ブナ北限の里の地域再生への挑戦

第1章

自然にやさしく、持続可能な産業づくり

P44〜P50

第2章

未来を拓(ひら)き、豊かな心の人づくり

P51〜P55

第3章

だれもが安心して暮らせる田舎
(まち)づくり

P56〜P61

第4章

自然にやさしく、美しい田舎
(まち)並みづくり

P62〜P65

第5章

みんなで歩む協働の田舎
(まち)づくり

P66

資料編

P67〜P74

○平成20年度決算報告
○貸借対照表(平成20年度決算から)
○町職員の給与・職員数のあらまし

過去の「施策のあらまし」はこちらから御覧いただけます。

平成21年度版
平成20年度版
平成19年度版
平成18年度版