テキストサイズ
明治時代に入植者によって開墾が始まり、黒松内町の農業は歴史の幕を開けました。
以来農業は、黒松内町の基幹産業として地域の発展の礎となり、美しい牧歌的な農村風景を醸し出してきました。
黒松内町は、黒松内低地帯と呼ばれる太平洋を下辺、日本海を上辺とする台形状の盆地に100を超える小河川が張り巡り、日照時間が短く冷涼な独特の気候風土に、酪農、肉牛飼育、稲作、馬鈴しょ、大豆・小豆、小麦、そばが主たる品種となっていますが、果樹以外の作物は南国を主生産地とするものを除き、菜園で栽培されています。
北の大地・北海道での就農の夢を「黒松内」でかなえませんか!


      


 〇令和2年3月10日(水) 黒松内町では地域おこし協力隊(農業関係)を募集します!NEW

地域おこし協力隊(農業関係)募集チラシ

地域おこし協力隊(農業関係)募集案内

地域おこし協力隊(農業関係)募集要項