平成28年8月23日(火) NEW
新規就農者 T.Oさんが、素牛を導入しました。

年齢37歳  家族構成:妻・子供二人  出身地:茨城県

黒松内町で2年間の就農研修を経て平成28年6月1日新規就農されたT.Oさんが、7頭の素牛と町の「乳牛・和牛農家連携優良外部牛導入事業」によって誕生した子牛3頭を導入しました。

素牛7頭は公的融資制度を利用し、高騰が続く個体価格を十分に精査して8月の市場で導入しました。
優良外部牛導入は、町で今年から始まった制度で、乳牛に黒毛和牛の受精卵が移植された優良な初妊ETを乳牛・和牛農家が連携して導入し、優良の高付加価値分を町が助成、出産後に乳牛農家は搾乳を直ちに開始でき、和牛農家は子牛を手に入れることができ、それぞれ比較的安価に個体を入手できるメリットがあります。
また、購入年度は据え置いた上で、購入費を5年以内で分割返済可能で、負担を分散して子牛を導入できます。


T.Oさんは、3頭の子牛を手に入れましたが、残念ながら2頭が雄牛で、雌は1頭でした。
今後生まれる子牛に期待がかかります。

雌牛は元気な雌牛を生んでください。
雄牛も来年の出荷まで元気に立派に育ってください。
▲ページ先頭へ
平成28年6月6日(木)
就農研修者 T.Oさんが、平成28年6月1日新規就農しました。

年齢37歳  家族構成:妻・子供二人  出身地:茨城県

和牛繁殖農家を目指して平成26年6月から研修を開始したT.Oさんが、6月1日新規就農が認められ、6月3日に鎌田町長から新規就農者認定決定通知書が、共同経営の奥様が同席の上手渡されました。
黒松内町では、実に14年ぶりの新規就農です。
町長からは、「家族そろって元気で、是非成功してください」と激励がありました。
受け入れ指導農家の小坂さんには、「引き続き指導をよろしく」とお願いされていました


T.Oさんは、「牛、家族ともに健康に過ごし、地域に根付いた農家になりたいと思います」と抱負を話していました。
是非、黒松内町農業振興のため、地域のコミュニティ維持のため、そしてもちろん御自分の生活を守り夢をかなえるため、困難を乗り越えて立派な農業者になってください。
▲ページ先頭へ
平成26年9月25日(木)
就農研修者 T.Oさん

年齢35歳  家族構成:妻・子供二人  出身地:茨城県

和牛繁殖農家を目指して平成26年6月から研修を開始しました。
研修では受精や子牛の治療に立ち会いました。
牧草作業では、テッターで刈取りし、牧草ロールをダンプカーで運んで、ラッピングまでしました。
研修に入ってから、特に困りごとはありません。
先日は、大成・東川地区のお祭りに参加して、地域の方々と楽しいひと時を過ごしました。
2年後の就農目指して、家族力を合わせて頑張ります。


▲ページ先頭へ