ふるさと納税

ごみとリサイクル

ごみの排出について

ごみと資源物の収集

ごみと資源の排出ルールを守りましょう。

町では、一般ごみ、資源ごみ、粗大ごみを収集していますが、一部、排出ルールを守らずごみを出している方がいます。

それらの「ごみ」は、収集できないため各ごみ収集場所に置いたままになり、地域の方々が大変困っています。

社会的なマナーを守り、美しい町づくりを目指しましょう。

ごみを出す方みんなで清掃や除雪をしています

各クリーンボックスは、ごみを出す方みんなで清掃や除雪をしています。お住まいの地域のクリーンボックス以外には、絶対に出さないでください。

収集日を確認しましょう!

ごみは「ごみ収集日程表」(個別に各世帯へ配布済み)で収集日を確認し、当日の朝午前8時までに出してください。

ごみを混ぜないで!!

燃やせるごみの中に燃やせないごみが混ざらないようにしてください。

燃やせないごみの中に燃やせるごみ(生ごみ等)が混ざらないようにしてください。

資源ごみは異物や汚れが付いているとリサイクルできません。異物や汚れを取り除いてから出してください。

区分等に迷ったときは、分別リサイクルガイド(個別に各世帯へ配布済み)で御確認ください。

ダウンロード

家電リサイクルについて

家電リサイクルとは

家電リサイクル法により、家電4品目(エアコン、テレビ(ブラウン管、液晶プラズマ式)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)は、リサイクルが義務付けられています。

これらを廃棄しようとする場合は、以下の方法により行ってくださるようお願いします。

処理方法

新しい製品に買い換える場合 販売店へ引き取りを依頼してください。
古い製品だけ処分する場合 購入した販売店へ引き取りを依頼してください。

※その他、町で実施している廃家電収集(後述)でも出すことができます。

料金について

家電4品目の引き取りにかかる「リサイクル料金」と「収集運搬料金」は、家電リサイクル法で製品を捨てる方(消費者)が負担することとなっています。

リサイクル料金

「リサイクル料金」は、家電メーカーがそれぞれ決めていますので、一般財団法人家電製品協会家電リサイクル券センターのホームページで金額をご確認ください。

収集運搬料金

「収集運搬料金」は、販売店がそれぞれ決めていますので、販売店にご確認ください。

町で収集する廃家電収集の場合は、1台当たり一律1,000円となっています。

廃家電収集

町では、買い替えでない場合や購入した店が判らない場合でも家電4品目を出せるよう、「廃家電収集」を年2回(5月と11月)実施しています。

収集日や申込の締切日については、実施の1か月ほど前に町内回覧等で周知していますので、下記の手順に従い、締切日までに申し込みください。

○ 申込の手順

  1. 廃家電のメーカー・品目・大きさ(テレビ、冷蔵庫の場合のみ)種類を調べて、郵便局でリサイクル料金を支払う。)
  2. 郵便局で手渡された家電リサイクル券を役場住民課に提出し、運搬手数料(収集運搬料金)1台当たり1,000円を支払い、申し込む。その際、玄関先等、廃家電の置き場所を担当者へお知らせください。)
  3. 収集日の朝8時までに、玄関先等、置き場所として知らせた場所に廃家電を置く。大型ごみのように指定シールを貼る必要はありません。

御家庭で不用になったパソコンについて

御家庭で不用となったパソコンについて

資源有効利用促進法により家庭から出る使用済みパソコンは各メーカーなどが回収しリサイクルしています。

※自治体・販売店での回収・申込みの受付は行っていません。

PCリサイクル

PCリサイクルマークの付いたパソコンは、新たな料金負担なしでメーカーが回収・再資源化します。マークの付いていないパソコンは、回収再資源化料金をご負担いただきます。

対象機器
  • デスクトップパソコン本体
  • ノートブックパソコン
  • CRTディスプレイ
  • CRTディスプレイ一体型パソコン
  • 液晶ディスプレイ
  • 液晶ディスプレイ一体型パソコン

PCリサイクルとは?

私たちが家庭で使っているパソコンも、きちんとしたリサイクルが必要となってきています。

これからの環境社会のために、メーカーとパソコンユーザーの皆様が協力しあって、使わなくなったパソコンは捨てるのではなく、新しい形で、資源としてふたたび活用する…。それが、“PCリサイクル”なのです。

明日の地球を守るために、ご協力よろしくお願いします!

ダウンロード

不法投棄は絶対にいけません

不法投棄は絶対にいけません!

近年、不法投棄が多発し、地域の生活環境が悪化したり、美観を損ねたりするなどの問題が生じており、その対応に苦慮しています。不法投棄は絶対にやめましょう。また、不法投棄を見たり聞いたりしたときは、御連絡ください。

なお、不法投棄をすると、処罰(5年以下の懲役もしくは1千万円以下の罰金またはこれの併科)に処せられる場合があります。また、黒松内町では「ごみポイ捨て及びふん害の防止に関する条例」を定めており、空き缶や吸い殻、犬のふん等を捨てた場合10万円以下の罰金に処せられる場合があります。